<< 若葉の頃 ガラスのこっち側と向こう側 >>

草食猫

今朝のノンの散歩の時に、久しぶりに 去年レンズが折れてしまった OLYMPUS μ をポケットに入れて出かけました。たまに使える時があるのです。きょうは、その「たま」の日でした。以下、きょうの写真は、その レンズが折れたカメラで撮ったものです。(^^ゞ

さて、ノンは比較的リードが気にならない猫のようですが、犬のようにスムーズには散歩できません。少し歩く毎に座り込んで何かを始めます。
a0190302_21333025.jpg
特にノンは草をよく食べます。他の猫たちに比べて圧倒的に多く、ヤギみたいに食べます。それでいて、吐いたことはまだ一度もありません。ノンは草も消化できるということでしょうか。(^^;
公園で暮らしていた野良時代、草を食べることが多かったのかもしれません。
a0190302_21383064.jpg
ノンはスギナが特に好きなようです。バリバリ食べます。
きょう、じっと擁壁の上の方を見上げて、長いこと何かを凝視していました。擁壁の上の家に犬がいるので、それを気にしてるのかなと思いました。 突然ノンがすごい勢いで擁壁を上り始めました。(リードを付けているので、上の家までは行けませんが。) ところが、途中でピタッと止まりました。その場所は、擁壁の水抜きの穴から たくさんのスギナが飛び出していたのです。ノンはそこで バリバリ食べ始めました。(^^; (写真はありません)(^^ゞ
a0190302_2157691.jpg
ノンは家ではまだちょっと手を焼かせる猫です。自由奔放、よく走り回ってみんなを追いかけています。まだまだ子猫です。いやなことには徹底して抵抗します。ただ、噛み付くのは甘咬みだし、パンチもキックも必ず爪を引っ込めているので、こちらも血が出るほどの傷を負うことはありません。
そんなノンですが、外では 初めての人でも誰でも自分からどんどん近付いて行って愛想を振りまきます。公園野良として生きて行くために身に付けた知恵かなあ。それでいて家では言うことを聞かないのはどういうことだ。もう住処と食事を確保したから良いってか? と思っていたら、最近、散歩の途中で 立ってる僕を見上げて、突然ぼくの胸に飛びつくことが。慌てて抱きとめると、肩に前足を掛けてグルグル言ってます。当然、“かわいいヤツじゃ(^^”ということになります。(^^ゞ ノンって、賢く生きる猫なのね。

          きょうも最後はハナミズキの木に登ってシメ。↓
a0190302_233588.jpg
でも、まだちょっと散歩し足りなかったみたい。
a0190302_2364789.jpg

【 追 記 】 美術館から帰って来たS子が、文化公園でノンにそっくりな猫を見たと言ってました。顔も体つきもノンにそっくりで見間違えたと。僕がついに手に負えなくなって、ノンを公園に戻したのかと一瞬思ったそうですが、シッポが短かかったのでノンではないとわかったそうです。ノンと違って、近付くとすぐに逃げて行ったそうです。  ノンの兄弟に違いない! ぜひ会ってみたい。
[PR]
by keip3987 | 2011-04-16 23:25 |
<< 若葉の頃 ガラスのこっち側と向こう側 >>