<< 最近当家のエビたちの間で流行っ... モモ 五面相 >>

キトがまたケガ (追記あり)

最近のキトは、朝ご飯のあとすぐに出かけますが、1時間もしないうちに帰って来て、僕の部屋でまったりして、時々窓から出かけては、すぐまた帰って来るという生活でした。
ところが今朝は、9時くらいになっても帰ってなくて、僕はちょこっと用事があってそのまま出かけました。帰って来ると、キトはデッキの梨の箱の中で寝ていました。いつもなら僕と一緒に部屋に入るのに、眠ったまま動こうとしません。 よく見ると、鼻に引っ掻き傷が。それから肩のあたりにも血がついています。触ろうとすると、唸り声をあげて怒ります。とにかく部屋の中に入れました。
a0190302_2103841.jpg
a0190302_21047100.jpg
部屋に入ってもキトはそのまま寝てしまいました。そっと体中を触って調べてみましたが、ほかには傷らしきものはないようです。肩のあたりの傷も大きな噛み傷のようなものは見当たりません。ただ、先日のお尻や後ろ足の傷のような例もあるので、2、3日後にパックリ開く可能性もありますから、まだ油断はできません。でも、多分肩の方も引っ掻き傷だと思います。
寝てる間に・・・、ということで、オキシドールで傷の消毒を始めましたが、途中で逃げて、タンスの上の奥に入り込んでしまいました。このまえのケガの時にもらってきた抗生剤も飲ませようと思ったのに・・・。仕方ないので、抗生剤を牛乳に溶かしたものをタンスの上に置いておきました。
キトはそのまま一日中出て来ませんでした。ずっと静かだったので、時々手を伸ばして、キトに触って様子を確かめましたが、静かに眠っていたようです。夕方になって、ようやく姿を見せました。抗生剤入り牛乳も飲んでくれました。晩ごはんも食べて、マンションでまた爆睡、今も爆睡中です。デッキ組はみんな、何かあったら、ひたすら眠って治しますから、その効果に期待したいと思います。
今回の傷は大したことないと思いますが、キト本人は例によって、大ケガでもしているようにシュンとしています。でも、前回のケガはお尻と後ろ足ですから、明らかに逃げる時に噛まれたものでしょうけど、今回は顔と上半身の引っ掻き傷だと思いますから、正面からやり合っての負傷です。相手もケガをしているかもしれないし、キトはもっと自信を持って良いのです。でも、繊細で優しい猫だからなあ。

そう言えば一昨日の晩にもこういうことがありました。キトが棚の上で寝ていた時、キトがいることに気付いていなかった小夏が棚の上に飛び乗りました。爆睡していたキトはびっくりして、棚のいちばん上から落ちました。が、立ち上がろうとして、右後ろ足が立たずすぐに尻餅。何度立ち上がろうとしても、足が変な風になります。ひょっとして、骨をどうにかしたのじゃないかと触って調べましたが、異常は見当たらないし、全然痛がりもしない。 翌朝まだ変だったら病院に連れて行こうということで、その晩はキトを小梅やムー太と一緒に僕の布団の中に寝かせました。 そして翌朝、・・・・ キトは元気になっていました。(^^ゞ 僕の顔を舐めたり肉球を押し付けたりして僕を起こしました。  結局あれは、キトがびっくりして腰を抜かしたのだろうということになりました。

2、3日は注意して見ておかなくては。大したことなければいいなあ。


そう言えば、昼間小夏が擁壁の上で、フェンスを挟んで誰かと威嚇し合っていました。かなり長いことやっていましたが、しばらくしたら、小夏は無傷で帰って来ていました。フェンスの向こうにはどんな猫がいたんだろう。今朝キトとやり合った猫かなあ。
猫たちに警戒警報を発令しました。
a0190302_2245418.jpg




【 追 記 2011.11.30. 8:00 】 一晩死んだように眠っていましたが、朝になったら元気になっていました。おとなりからオヤツももらって来て、全然大丈夫そうです。
a0190302_844556.jpg
                                                      (鼻にキズのあるジャンプ)
[PR]
by keip3987 | 2011-11-29 22:51 |
<< 最近当家のエビたちの間で流行っ... モモ 五面相 >>