<< 天気の良い日は日なたぼっこ三昧 とにかく登る猫 >>

だんだん冬モードに

ジョウビタキの女の子も、カメラを近づけても平気になってきたので、XZ-1でアップが撮れるようになりました。
そろそろ名前を付けなくては。
a0190302_22203376.jpg
ジョジョは25mほど離れたところにいます。
a0190302_2222580.jpg
ところが夕方、窓の向かいのフェンスにいた女の子の向こうにジョジョが来ているのが見えました。しっかり監視はされていましたが。(^^;
またミルウォームを食べに来るようになるといいなあ。
a0190302_2226687.jpg

だんだん寒くなって、昼間はもっぱら日なたぼっこ。
a0190302_22284112.jpg
a0190302_22285813.jpg
夕方からぐっと冷え込むので、↓ このような光景が増えました。
a0190302_22301690.jpg

夜は僕の布団が賑やかになってきました。寝るときは必ず僕の左側にココが、右側にキトが入ってきます。そのあとすぐに、左に小梅、右にムー太が加わります。しばらくすると、ムー太は僕の腰の辺りまで沈みます。たいていこの体制で寝ますが、夜中に目を覚ますと5匹入っています。途中でアビがしれぇ~っと下から潜ってくるのです。猫たちは僕にギュ~っと体を押し付けてくるので、僕は非常に暖かいけどがんじがらめ状態です。
夜中にトイレに行きたくなった時など、フツーに起きたら全員起きてしまうので、掛け布団はそのままで真上にそぉ~っと抜け出します。戻って来ると、真上からそぉ~っと滑り込みます。

先日、夜中に目が覚めて、布団を抜け出そうとして、ちょっと体をひねった拍子に、布団の中から何か丸いものが横に転がり出てきました。 アビでした。 あとから布団に潜ったので、いちばん端っこにいたようで、僕が動いてムー太が押され、アビがはじき出されたのでした。(^^ゞ

昨夜は、夜中に目が覚めて、ふと調べておかなくてはいけないことを思い出して、そぉ~っと布団を抜け出して自分の部屋に行きました。するとすぐにドアの隙間から小さく“ニャァ~”。 キトでした。 布団に戻ると、猫たち全員布団から出ていました。 また布団に入り、猫たちも入り、両側からギュ~っと。 お互いに暖房器具だったのでした。(^^;
[PR]
by keip3987 | 2012-11-14 23:13 |
<< 天気の良い日は日なたぼっこ三昧 とにかく登る猫 >>