<< もう入梅 思わぬお客様 >>

GW

ノンが最近お気に入りの場所。
a0190302_2351454.jpg
当家の北側、となりは名人ばあちゃんちです。
a0190302_23525893.jpg
a0190302_23531495.jpg
ばあちゃんの畑で、脱走してきたニコに出会ったりします。
a0190302_23551648.jpg
うしろでキトがしっかり見張っています。
a0190302_23562397.jpg
a0190302_23562086.jpg
あれだけいつも来ていたサトウトラが、5月になってからぱったり姿を見せなくなりました。もう思いを遂げたのだったら良いけど、ケンカで大ケガをしたのではないかとか、いろいろ心配になってきます。

ところで、ゴールデンウィークもいつの間にか終わりましたが、連休中はほとんどS子の子分として庭仕事を手伝っておりました。そんな中、1日だけ遠出をして鹿児島へ行ってきました。鹿児島市立美術館で開催された「ウッドワン美術館展」、招待券をいただいていたのです。
a0190302_0212436.jpg
招待券をいただくまで、こういう美術展が開催されていることも知らなかったのですが、パンフレットを見ただけでも、これはすごい美術展だと思いました。それが、実際行ってみると、パンフレットに出てた以外にもすごい画家たちのすごい作品がズラリと並んでおり、最初から終わりまで少しも気を抜けない、ものすごい展示でした。
橋本雅邦、富岡鉄斎、竹内栖鳳、横山大観、川合玉堂、上村松園、鏑木清方、冨田溪仙、橋本関雪、小林古径、安田靫彦、前田青邨、榊原紫峰、山口蓬春、速水御舟、小倉遊亀、橋本明治、片岡球子、東山魁夷、杉山寧、髙山辰雄、横山操、加山又造、平山郁夫、高橋由一、浅井忠、熊谷守一、青木繁、萬鐵五郎、藤田嗣治、岡田三郎助、坂本繁二郎、小出楢重、国吉康雄、岸田劉生、安井曾太郎、梅原龍三郎、須田国太郎、長谷川利行、林武、北川民次、村山槐多、佐伯祐三、岡鹿之助、牛島憲之、向井潤吉、鳥海青児、小磯良平、香月泰男、三岸好太郎、靉光、山口薫、松本竣介、黒田清輝、藤島武二、和田英作、海老原喜之助と並んでいるのです。すごいオールスター!興奮を抑えながら見ていきました。

        富岡鉄斎は、天才の迫力を感じました。(以下、写真は図録より)
a0190302_051542.jpg
加山又造「戲」
a0190302_0555426.jpg
そしてその横に平山郁夫(「エジプトの少女(王家の谷ルクソール)」)という贅沢!
a0190302_058333.jpg
藤田嗣治に、
a0190302_11499.jpg
        三岸好太郎の「道化」も好きな絵です。
a0190302_134256.jpg
山口薫「あやこ節句」
a0190302_15633.jpg
そして、香月泰男。香月泰男は、去年から僕にとって、ちょっと特別な画家になっています。そのわけは、またいずれ。
香月泰男の重い感じの作品は見たことがありましたが、このような、何というか、自然体な感じの絵を直に見ることができたのは大きな収穫でした。
a0190302_1123615.jpg


それから、この連休中に、PCのスピーカーを新しくしました。
これまで使っていたのはローランドのスピーカー ↓ ですが、これは、15年くらい前、初めてPCを買ったときに、付属で付いていたスピーカーがあまりにもオモチャだったのでガッカリして、すぐにPCショップで買ってきたものです。予算1万円で、それくらいの価格帯のスピーカーを聴き比べて決めました。PCはWin95からWin7まで何代か変わりましたがスピーカーはずっと変わらず楽しませてくれました。ところが最近、ツマミやプラグ回りなどが経年劣化したのか、時々音が出なくなったり変な音が出るようになったので買い換えました。
a0190302_1424170.jpg
新しいスピーカーはこれ ↓ 、オンキョーの GX-D90。今回も予算1万円程度で選びました。じつはこのスピーカー、11年前に発表されたスピーカーですが、今でも生産されているという優れもので、メーカー価格は2万円くらいらしいですが、約半額で手に入りました。
大きさの割りに音に厚みもあり、なにしろバランスがとても良いので、クラシックでもジャズでも楽しめます。
a0190302_1564024.jpg
最近はYoutubeなども音が随分良くなっているので、良いスピーカーで聴くと全然違います。
今よく見ているのがこれ ↓ 。デーブ・ブルーベック・クヮルテットのアルバム“Time Out”をアナログレコードで再生した動画。“Take Five”が入っているアルバムです。僕もレコード持っています。中学の時に買ったもの。
動画は、レコードをジャケットから取り出すところから始まり、レコードをターンテーブルに乗せて針を落とす。それからLPまるまる1枚を再生するというものです。ちゃんとアナログの音です。画質が良いので、全画面にして見ると、とても臨場感があります。8分30秒あたりから、素敵なリスニングルームに3匹の猫たちが登場して楽しいです。


[PR]
by keip3987 | 2013-05-09 02:24 |
<< もう入梅 思わぬお客様 >>