カテゴリ:番外( 3 )

【 お知らせ 】

前回お知らせした通り、当ブログの画像容量をほぼ使い切りましたので、新しいブログに引越しいたしました。

続・ムー太の猫マンション です。

こちらでも引き続きよろしくお願いいたします。
[PR]
by keip3987 | 2013-08-25 20:58 | 番外

うかつだった!(^^ゞ

記事を投稿しようとしたら・・・・
a0190302_1922299.jpg

最近すっかり頭の中にありませんでした。このブログの画像容量は1GB。いつの間にか使い切っていました。(^^ゞ
以前のブログ(ムー太の猫マンション 2005 ~ 2010)は5年もちました。今度のブログは表示画像サイズが少し大きくなるけど3年は大丈夫だろうと思っていましたが、予想より早く容量いっぱいになってしまいました。

また引越しかなあ。ちょっと検討して、近いうちにまたお知らせします。m(_ _)m
[PR]
by keip3987 | 2013-08-23 19:39 | 番外

【番外】半世紀前の写真

a0190302_13303422.jpg

最近ふとしたことから、古いアルバムを引っ張り出して、久しぶりに自分が子どもだった頃の写真を見ました。親が作ってくれた僕の一番最初の小さなアルバムです。もちろんこれまで何度となく見ていますが、じっくり全体を見たことは、あまり覚えがありません。元々写真に写るのはあまり好きではないので、興味がなかったこともあるでしょう。
今回はちょっとじっくり見ました。そして、とても印象的な3枚の写真を見つけました。もちろん何度も見た写真ですが、特に気に留めたこともありませんでした。っていうか、自分が写っている写真を、これまで写真としてじっくり見るということはなかった。撮る側の目で見たことがありませんでした。
↓ この写真、誰が撮ったものかはわかりません。(父でないことだけは確か。) 何か不思議な感じがします。小さい僕が、今の僕に何かを送っているような。
僕はこういう写真が撮りたいのかもしれないと思いました。被写体の持つ心や体温を感じるような。
a0190302_1331775.jpg
a0190302_13311673.jpg
a0190302_1331258.jpg
それにしても、半世紀前の写真、とても綺麗に撮れているし、写真としての密度も濃いと思います。愛情も感じます。
僕の小さい頃のアルバムの写真は、よそのおじさん、おばさん、お兄ちゃん、お姉ちゃんと写っている写真、よその家で写っている写真がとても多いです。(↓ の写真の中で、僕の父や母が写っている写真は、それぞれ1枚だけ)  僕は子どもの頃、宮崎駅近くの商店街に住んでいましたが、じつは僕が生まれた時、町内には小さな子どもがいなかったのだそうです。それで、僕はあちこちの家に引っ張りだこで、昼間あまり家にいなかったようです。町内で可愛がってもらってました。近所のお店のおじちゃんは、仕事の合間に僕を連れて写真館へ行き、一緒に写真を撮ってもらったり、となりの高校生のお姉ちゃんは、彼氏が遊びに来るたびによく僕を連れて3人で近くの喫茶店に行って、ポール・アンカやニール・セダカを聴いていました。お陰で僕は古いアメリカン・ポップスを結構知っています。っていうか、彼氏とのデートに近所の子どもも連れて行くなんて、ありえない。(^^;
近所に住んでいた人たちみんなが本当に優しかった。その優しさやあたたかさは、いまでも感覚的に覚えています。こんな時代に子どもだったことは、とても幸せなことだったんだなと つくづく思います。
a0190302_1332037.jpg


ところで、僕が住んでいる地区では、毎年秋に地区文化祭が開催されます。いろんな出し物や作品展、バザーに出店ととても賑やかです。
今年は、自治会の班長さんから勧められて、初めて作品展に写真を出品しました。もちろん猫の。(^^ゞ 見る人は誰も猫マンションのことは知らないと思うので、子ねこの頃の古い写真中心に。題して、「10班の猫たち」。
女の子(子ども)とおばさんに好評のようでした。(^^ゞ
(写真のパネル処理はおとなりのおねえちゃんが、レイアウトは班長さんたちがやってくださったので、僕は何もしていません。
ありがとうございました。(^^ゞ )
a0190302_13323813.jpg

[PR]
by keip3987 | 2011-10-23 13:52 | 番外