カテゴリ:美術( 7 )

S子、3年ぶりの帰還。

        あれから3年。
a0190302_2014476.jpg
        あの光の中から
a0190302_2015045.jpg
        S子が戻って来ました!
a0190302_20153999.jpg

 ということで、霧島アートの森へ行ってきました。新燃岳の噴火などもあり、霧島方面へ行くのは久しぶりです。
a0190302_230105.jpg
       今回は 加藤泉展 SOUL UNION DELUXE を観てきました。
a0190302_20203141.jpg
        こういう特別展としては珍しく、写真撮影自由ということだったので撮らせていただきました。
        アフリカや南米の先住民のアートを思わせるような不思議な雰囲気の作品たち。でも、見て
        いるうちにどこか可愛く、愛着も沸いてくるような独特の世界でした。
a0190302_20305341.jpg
a0190302_20314452.jpg
↓ こんなところにも作品は隠れているので気が抜けません。(^^;
a0190302_2033957.jpg
a0190302_20332727.jpg
a0190302_20334738.jpg
a0190302_203421100.jpg
a0190302_20344033.jpg
とても楽しい展示でした。
a0190302_20354196.jpg

見終わって、いつものように外を探索。クロイヌくんたちも元気でした。
a0190302_20371089.jpg
3年ぶりの再会を喜ぶS子。
a0190302_2038786.jpg

帰りにちょっと小腹がすいて、S子がフライドチキンを買いに入ったコンビニの駐車場から、霧島連山が一望できました。
a0190302_20404112.jpg
ちょっと目を横にやると、一匹の猫が・・・・
a0190302_20414141.jpg

[PR]
by keip3987 | 2012-11-20 20:46 | 美術

都城市立美術館へ行ってきました。

今日のポーズ
a0190302_18552668.jpg
ジョジョがやってくると、最初はみんな身構えますが、・・・
a0190302_18562764.jpg
ずっと身構えているのは、今ではムー太とアキだけになりました。(^^ゞ
a0190302_1857455.jpg
残酷ではありますが、自然に生きる野性猫アビ。
a0190302_18584046.jpg


都城市立美術館で開催中の「巨匠たちのパレット展」を見てきました。画家のパレットを集めた展示で、それぞれの個性が表れていました。
詳しくはこちら → http://www.btvm.ne.jp/~mcma/indexm.html
a0190302_1965836.jpg

美術館横の自転車置き場の通路を見たら、・・・ こんなところにも淺井裕介さんの「植物になった白線」は増殖していました。
a0190302_19123789.jpg
a0190302_19125415.jpg
なんだか僕の好きなものがいっぱい。みんな笑ってる。(^^
a0190302_19134282.jpg

[PR]
by keip3987 | 2012-11-04 20:05 | 美術

ちょっと美術館へ

        チビ猫を大きく見せるアングル
a0190302_19314839.jpg
a0190302_1932016.jpg
ジョジョくんもガッシリした体つきになってきました。
a0190302_19325127.jpg

きょう、お昼にちょっと県立美術館に行ってきました。 インフォメーション・カウンターには見慣れた顔が。(^^;
S子から生えているように見える植物は、先日「アートプロジェクト植物になった白線@みやざき」で来られたアーティスト、淺井裕介さんが制作されたものです。
a0190302_19431931.jpg
この絵は「マスキング・プラント」と言って、壁に直接描かれたものではなく、マスキングテープに描かれたものをパーツ毎にちぎって貼り付けているものだそうです。それで、もうしばらくするとこの絵は剥ぎ取られ、パーツは制作者の元に返されるらしいのですが、S子がとても気に入っていて、いずれなくなるので写真を撮っておいてと頼まれていたのでした。
a0190302_2124214.jpg

常設展は今年度の第3期コレクション展を開催中で、こちらもふらりと見てきました。今回また、お気に入りのルオーの「ピエロ」と、クレーの「歩く女」が展示されていたのです。1年ぶりの再会。展示室には僕と、顔見知りの監視のお姉さんの二人だけ。のんびり楽しめました。ルオーの作品は、「汝ら、互いに愛し合うべし」も展示されていました。
a0190302_21265222.jpg
a0190302_21334655.jpg
今回は、日本画もいくつか展示されていたため、展示室全体がいつもよりだいぶ暗くされていました。(去年の展示
[PR]
by keip3987 | 2012-10-31 21:35 | 美術

清水寺 秘宝展

あ、またカラッポ
a0190302_19345711.jpg
ミルウォーム、入れててね。
a0190302_1935489.jpg


昨日、県立美術館で開催中の 「清水寺 秘宝展」に行ってきました。
a0190302_19405199.jpg
a0190302_1941511.jpg
薄暗い展示室は異様な空気に包まれていました。特に 本堂 二十八部衆などの像は、ガラスケースの中ではなく、直接目の前に横一列に並び、今にも動き出しそうな迫力でこちらを見下ろしていました。像のポーズ、筋肉の形に躍動感があり、本当に生きているように見えました。彫刻作品として見ても、西洋のものに比べても勝るとも劣らない完成度の高さだと思いました。その上に、何か魂のようなものを感じます。平安~江戸時代の仏師の技の凄さに圧倒されます。
a0190302_19582011.jpg
                                                             (↑ パンフレットより)

家に帰ると、となりのいちごが自宅ガレージの屋根の上にいました。
a0190302_2003949.jpg
屋根から下りてきたいちごが、毘沙門天に見えました。(^^;
a0190302_20328.jpg
a0190302_20318100.jpg

[PR]
by keip3987 | 2011-11-17 20:45 | 美術

佐伯祐三・山田新一展

きょうは地区のみんなで清掃する日で、朝8時半から、道路脇の草取りや側溝の掃除をしました。となりのいちごも出て来て、しっかり監視していました。手伝いはしませんでしたけど。(^m^)
a0190302_19175994.jpg

そのあと僕とS子は都城までドライブ。都城市立美術館で開催中の、「素顔の佐伯祐三と山田新一展」に行ってきました。
30歳で夭逝した佐伯祐三と都城出身の画家 山田新一とは親友同士でした。 この企画展は、佐伯祐三からの手紙をはじめとする資料が、山田新一のご遺族から美術館へ寄贈されたことで実現したものです。多くの貴重な資料とともに、国内各地の美術館等に収蔵される佐伯作品と山田作品約70点が展示されました。
佐伯祐三は特に好きな画家の一人ですが、佐伯が実際に書いた文字、文章を読むと、これまで作品だけを見て感じていたものと違って、より生々しく、人間佐伯祐三を感じることができたと思います。
a0190302_19424475.jpg


ところで、先日ノンのために用意したamazonベッドが予想外の人気で、よくキトやアキ、小夏に横取りされています。(^^;
そこで、急遽ノンに2つ目のベッドを用意しました。今度はHMVベッド。amazonベッドよりだいぶ小さいですが、猫だから何とかなるのでは。
a0190302_19562038.jpg
予想通り、ぴったりフィットして、腰壁も高いので暖かそう。
a0190302_19583899.jpg
どちらが頭かわからないので、ちょっと突付いてみた。(^^ゞ
a0190302_200054.jpg

そして、前回同様、また彼が・・・。
今回も、君には小さい。
a0190302_2033298.jpg

[PR]
by keip3987 | 2011-11-13 20:07 | 美術

宮崎県立美術館 第3期コレクション展

県立美術館へ行ってきました。
a0190302_20553248.jpg

先日、常設展の作品入れ替えがあり、今年度の第3期コレクション展が始まりました。
宮崎県立美術館には 4000点以上の作品が所蔵されており、世界的な名作も多く、これまで見てきたのは そのほんの一部にしか過ぎないので、今度はどんな作品が観られるのかと わくわくします。
今回のコレクション展は、大盤振る舞いだと思います。展示の意図も明快で、楽しいコレクション展になっています。

【展示室1】 コレクションの名品Ⅱ
この部屋は、これまでも何度も見ている馴染みの作品ばかりです。お気に入りの作品も多いです。超お気に入りのルオーの「ピエロ」とパウル・クレーの「歩く女」が並んで展示されていました。
a0190302_2056443.jpg
常設展とは言え、莫大な数の所蔵作品から ほんの一部を展示しているわけですから、いつも必ずこのルオーの「ピエロ」に会えるわけではありませんが、比較的よく展示されています。ここへ来てこの作品が展示されていると、なんだかほっとします。
ルオーはたくさんのピエロを描いていて、画集やインターネットの画像でいろいろなルオーのピエロを見ますが、僕は ↓ この宮崎県立美術館のピエロの表情がいちばん好きです。(県立美術館の所蔵作品図録からスキャンしました。2次使用はご遠慮くださいね。)(^^ゞ
a0190302_2057127.jpg

【展示室2】 巨匠たちの版画集
この部屋はマチスの「ジャズ」、ルオーの「流れる星のサーカス」、ピカソの「サルタンバンクシリーズ」の版画集をまとめて展示してあります。これはすごい。マチスの「ジャズ」だけでも、ちょっとした特別展ができるくらいです。(→ 「鹿児島に行ってきました」)
ちなみに、S子の話だと、ルオーの版画、まだまだあるらしい。
a0190302_20581041.jpg
瑛九展示室や彫刻展示室も模様替えしてあります。
12月までこの展示なので、また何回か行くと思います。常設展は無料だし、気軽に行けます。(^^ゞ


ところで、今年の初めに岩合光昭賞をいただいて以来、フォトコンテストには応募していませんでした。今年はデジタル岩合の夏のイベントも、フォトコンテストではなく、岩合さんの講演会(東京のみ)でした。っていうか、不景気なこともあってか、フォトコンテストそのものが随分少なくなっているような気がします。インターネットで探してもなかなか見つかりません。そんな中、先月、三菱地所 kadan倶楽部というところで、「春~夏の花」をテーマにしたフォトコンテストをやっていることを知り、応募しました。そして、きのう発表があり、「入選」に入りました。
a0190302_2059760.jpg
応募したのは、7月4日の記事「朝のサラダ」でUPした写真です。
こうして見ると、他の入賞者のみなさんの写真が本当に花いっぱいなのに比べて、僕の写真はノンが食べたあとなので何と花が貧弱なこと。(^^;
それから、他の入賞者のみなさんの作品が本当にすばらしいです。ぜひ、発表のページへ行って、それぞれの写真をクリックして大きな画像で見てください。どれも本当に良い写真です。構図などもカチッときまっていて、とても勉強になります。僕も、もっと明るいタッチの写真を撮れるようにならなくては。(^^ゞ
[PR]
by keip3987 | 2011-09-14 21:21 | 美術

いもとようこ 絵本原画展

あの日の午前中、僕たちは宮崎アートセンターで、「いもとようこ 絵本原画展」 を見ていました。
a0190302_15404524.jpg
娘たちが小さい頃、いもとようこさんの絵本を何冊か買いました。親子でお気に入りの絵本でした。
いもとようこさんの作品は、ちぎった和紙の貼り絵に着色するという技法で、とても優しい柔らかなタッチです。原画で見ると、それはいちだんと引き立っていました。色使いもすばらしく、原画を見ることができて本当に良かったです。
a0190302_15471294.jpg
記念画集を買いました。
a0190302_15491480.jpg
a0190302_15494225.jpg
a0190302_15495293.jpg
a0190302_1550110.jpg
a0190302_15501122.jpg
S子が40分並んでもらってきたサイン。
a0190302_15505927.jpg

[PR]
by keip3987 | 2011-03-14 16:00 | 美術