カテゴリ:その他( 10 )

いつもの景色が消えた

ここに住むようになって約20年間、毎日窓から見えていたこの景色。
a0190302_2141789.jpg
その景色が、きょうでなくなりました。噂では、ここに住宅が2棟建つのだそうです。
既に古い住宅は解体され、今朝から樹木の除去が始まりました。重機でなぎ倒される木々が痛々しかった。
今朝までここに住んでいたヒヨドリ、ムクドリ、シジュウカラたちはどこへ行ったでしょう。
お昼までにほとんどの樹木の除去が終わりました。あっという間です。
a0190302_21123321.jpg
そして午後には完全になくなりました。
a0190302_21141071.jpg
デッキ組はみんなこの庭が好きでした。ジョウビタキをはじめ、いろんな鳥がこの庭から当家に遊びに来てくれました。本当にこの庭にはたくさんお世話になりました。心から感謝します。
夕方、ノンを連れて擁壁の下に行ったら、ムクドリが1羽ブロックの上にとまって、庭のあとを見ていました。呆然としている感じでした。“おうちがなくなってる!”
部屋に戻って窓から見ると、同じ場所に今度はココがいて、庭のあとをじっと見ていました。
a0190302_21254378.jpg
何だか寂しそうに見えました。
a0190302_21262526.jpg
a0190302_2126378.jpg

[PR]
by keip3987 | 2013-06-15 21:31 | その他

昭和の娘たち

暮れに買った新しいプリンターに付いているスキャナーで、写真はどんな感じでスキャンできるだろうと思って、娘たちが小さい頃の写真で試してみました。結構いい感じだったので、FacebookにUPしたところ、コメントをたくさんいただきました。そこで、こちらにもUP。
a0190302_21275492.jpg
a0190302_21273957.jpg
  長女がまだチンパンくんだった頃。(30年くらい前)↓
a0190302_2129827.jpg
その時の靴、今でもあります。(^^ゞ
a0190302_21324623.jpg

夜、ちょっと冷えてきた。
a0190302_22341250.jpg

[PR]
by keip3987 | 2013-03-04 21:34 | その他

ジオラマ風に

きょうは朝から母を連れて県立病院へ。午後までかかったのでお昼は10階の食堂で食べました。
ここぞとばかり、最近いつも持ち歩いている XZ-1 で景色を撮りました。もちろんジオラマフィルターで。
天気が悪いのとガラス越しなのでイマイチですが、結構面白い写真になりました。
a0190302_19452989.jpg
a0190302_19453844.jpg

[PR]
by keip3987 | 2012-12-14 19:48 | その他

カマキリとアマガエルの巻

a0190302_19442613.jpg
おとなりのカマキリです。飼っているわけではありませんが。(^^ゞ
a0190302_19453267.jpg
とても気が強そうです。
a0190302_19463644.jpg
カメラを攻撃してきます。
a0190302_1947718.jpg
不気味な踊りもします。
a0190302_19474012.jpg
↓ この子たちに捕まると大変なので、少し離れた草むらに避難させました。
a0190302_19485715.jpg


それから当家のアマガエル。
南デッキのアマガエルは、このところずっと声は聞こえるけど姿が見えない状態でしたが、やっと見つかりました。
a0190302_1955412.jpg
地上3メートルほどのところにいました。脚立に乗っての撮影です。
北デッキのアマガエルは色が変わっていましたが、こちらはまわりが緑なので緑のままです。
a0190302_1956393.jpg
見つかってしまったので、もっと上へ。
a0190302_200169.jpg
        ジャクと豆の木みたいですが、これは豆の木ではなく皇帝ダリア。
a0190302_2032068.jpg
S子が去年から挑戦しています。4メートルくらいになりますが、鉢植えにしているのですぐにひっくり返ります。それで、デッキ屋根の柱に結び付けています。
a0190302_2061542.jpg
去年は花芽が一つも付かず、長い竿を育てただけでしたが、今年は花芽が付いているようです。下からは見えないので、2階のバルコニーから見ることになりそうです。
a0190302_208487.jpg
どこまでも登って行こう。
a0190302_2092335.jpg

[PR]
by keip3987 | 2012-11-10 20:46 | その他

運動会で福岡へ

a0190302_848468.jpg

ここ数日、涼しい日が続いています。特に夜はヒンヤリしてちょっと寒く感じることも。3日前には早くも小梅・ココ・ムー太の3匹が布団に入ってきました。そして昨日は、夜中の2時に目覚ましで起きると、3匹の他にアビ・キトも僕の布団にいました。つまり、猫マンションの中で寝る3匹以外全員。(^^;

なぜ2時に起きたのかと言うと、あおいの幼稚園の運動会だったので、朝までに福岡に着くためです。猫たちに超早い朝ごはんを食べさせて、3時過ぎには出発したので、余裕で福岡に着きました。

今年もあおいは元気いっぱいでした。
a0190302_913073.jpg
a0190302_912126.jpg
a0190302_911147.jpg
a0190302_91015.jpg


夜、家に帰り着いたら、玄関ドアにお手紙が。 おとなりからでした。
おとなりって本当にありがたい。
a0190302_94911.jpg
多目に食べたキトは、帰ってきてすぐに爆睡でした。(^m^)
a0190302_954717.jpg

[PR]
by keip3987 | 2012-09-24 09:10 | その他

Facebook

ひょんなことから2月に全然やる気なく始めたFacebookですが、今も続いています。(^^ゞ
このブログもかなり個人的ですが、Facebookはさらに個人的なので、自分が便利なように自分のために使っています。たくさんの友達がほしいわけでもないですし。(ちなみに、全く面識もないのにメッセージも何もない友達リクエストはお断りしています。結構多いのです。友達リストにただ名前を並べるのに何の意味があるのでしょう。)
自分に便利なようにというのは、シェアの利用です。特に音楽。YouTubeのお気に入りの音楽動画を自分のFacebookにもらってきます。これで、いちいちYouTubeに出かけて探さなくても自宅で聴ける(見れる)という感じです。もちろんこのブログでも出来ますが、Facebookはより個人的ですから。(^^ゞ
(ブログはオープンなので、個人名等はマスクさせていただきました。)
a0190302_2001537.jpg
それから、ブログ更新のお知らせにも使っています。見出しのように写真を1枚載せて、ブログにリンクしています。
a0190302_2074674.jpg

[PR]
by keip3987 | 2012-09-09 20:15 | その他

ケロリの引越し

a0190302_18253298.jpg
夏の初め頃まで南デッキで見かけていたアマガエル、しばらく見ませんでした。夏の南デッキは炎天下で、カエルも涼しい場所に行っているのだろうと思っていましたが、きょう北デッキでギボウシの葉っぱの上にいるのを見つけました。
香箱(?)組んでくつろいでいました。(^^;
a0190302_1830714.jpg
南デッキから北デッキと言っても、小さいアマガエルにとってはちょっとした距離。猫たちは直線でリビングを横切ることもありますが、まさか猫の背中に乗ったわけではないでしょう。(^^; それとも、ギボウシを北デッキに避難させた時に既に葉っぱに乗っていたとか。地道に陸路を行ったとしても、結構猫たちがうろうろしているし・・・。 などと、いろいろ考えてしまいます。
a0190302_1842068.jpg
もっとも、南デッキにいたアマガエルときょう北デッキにいたアマガエル、顔もよく似ているけど同一カエルだという確証は何もありません。でも、同じカエルと考えた方が楽しいです。(^^ゞ
a0190302_18445731.jpg

[PR]
by keip3987 | 2012-08-21 18:50 | その他

吉田秀和さんの死と T.K.君のこと

5月22日、音楽評論家の吉田秀和さんが亡くなりました。98歳だったそうです。
吉田秀和さんの音楽評論には高校生の頃から長く親しんできました。購読していた“音楽の友”や“レコード藝術”にもよく寄稿しておられたし、NHK-FMの音楽番組の解説やコンサート評もやっておられました。地方に住んでいるとなかなか聴けないコンサートの演奏について、実際にその場で聴かれた方の話を聞くのはとても興味深いものでした。評論家の中でも吉田秀和さんは特別で、話を聞いていると、頭の中でそのコンサートの様子がありありとイメージでき、音楽が流れてくるようでした。
僕の音楽の聴き方、接し方は、小林秀雄と吉田秀和に多くを学んだと思っています。
a0190302_19105981.jpg

大学の頃、吉田秀和全集のうちの10巻が出版され、大学生協の書籍部にも並んでいました。欲しくてたまりませんでしたが、学生にとっては高価な本でしたので、お金を少しずつ工面して、2~3ヵ月に1冊ずつ買っていました。
その頃、僕のアパートによく出入りする T.K.君という同じ建築学科の学生がいました。彼は僕とはものの考え方が全く違う理論派の人でした。成績は抜群の人で、構造力学など数学・物理系が苦手な僕は大変お世話になりました。が、こと美学や哲学的なことになると、彼と僕とはいつも対立、平行線でした。言わば、彼はロゴスに偏り、僕はパトスに偏っていたのだと思います。
大学の講義とは別に、気心の知れた学生同士数人で、建築や美について自由に語り合う会を作っていました。今から見ればとても幼稚な論文みたいなものを書き合ったりしていました。でも、みんなそれぞれ真面目に考えていたと思います。例えば、“自分たちが学んでいる建築史や美術史で取り上げられるものは、それぞれの時代の王族や貴族などほんの一握りの人たちの文化であり、大多数の一般人はその当時でも掘っ立て小屋のような住居に住み、そのような文化には縁がなかった。自分はもっとその一般の人々の文化を掘り下げたい。” など。
T.K.君は、僕が書いたものをことごとく否定しました。“机上の空論はムー太君に任せるとして、本当によりどころのある確かな美は機能美だと思う。”と言った調子でした。
彼は完全主義者で、ある意味二元論者でした。変わったところでは、彼は炭酸の入っているものは全て“コーラ”と呼び、炭酸の入っていないものは全て“ジュース”と呼んでいました。また彼は、大変な凝り性でした。ある時彼はカクテルにハマり、道具一式を購入、それを持って僕のアパートにやって来て、覚えたてのカクテルを次から次へと作り、僕に飲ませるのでした。
彼とは僕のアパートでよく飲みました。議論はいつも平行線なので、徹夜で飲むこともありました。二人で焼酎一升を空け、翌朝そのまま講義に出ることも。


僕の誕生日に彼がアパートにやって来ました。彼はニヤニヤ照れくさそうに紙袋から何かを取り出しました。吉田秀和全集の僕の持っていない巻を2冊、黙って差し出しました。びっくりしました。随分無理したんじゃないか?彼も経済状況は僕と変わらないはず。でも、本当にありがたく、ありがたく、感謝して受け取りました。 そして次の年の誕生日には、“モーツァルト頌”を。これも高価でちょっと手が出なかった本です。


T.K.君は、難関の某大手建設会社の採用試験を受けました。成績優秀の彼は最終選考まで残りました。そして、面接で、“自分は人と交わることが苦手で、みんなで何かをやるということには向いてない。”と言ったそうです。結局不採用。 なんでそんなことを言ったのだろうと思いますが、彼はあくまでありのままの自分しか見せられない人で、採用されるために調子の良いことを言って自分を売り込むことなど最後までできなかったのかもしれない。
彼は大学の研究室に残り、30歳すぎくらいの頃だったと思うけど、交通事故で亡くなりました。


僕だけが知っているT.K.君の学生時代のこと、いつか何かに書き残しておかなくてはとずっと思っていました。
[PR]
by keip3987 | 2012-05-30 19:19 | その他

最近のいろいろ

あたしかわいい?
a0190302_18163457.jpg


その1 最近のお昼
お昼ごはんは一人のことが多いので、あるもので適当に作って食べています。このところ寒い日が続くので、おじやが多いです。簡単だし温まります。
前の晩の鍋の残りでもお味噌汁でもOK。 先日、超温まる味噌汁おじやを作りました。
S子は何でも切り刻むのが得意で、冷蔵庫の冷凍室には切り刻んだ野菜などが大量に入っています。ニラに大根葉に小松菜、生姜にクズ野菜を干したもの、それからタカノツメを干したものなど。
お味噌汁にごはんを入れてグツグツやりながら、ニンニクと生姜、それに大量のニラを入れました。それに、タカノツメも。
美味しくて、体がポカポカになるおじやができました。(^^

その2 最近ハマッたもの
里芋をたくさんいただきました。里芋は最初に皮をむくのは大変ですが、先に皮付きのまま湯がくと、手で簡単に皮をむけます。そのまま食べても美味しいし、お味噌汁に入れてもとろみが出て美味しいです。豚汁だとなおよろしい。今ちょっと、里芋大好き状態です。里芋ってこんなに美味しかったかなと思うのは歳のせいでしょうか。

その3 最近の布団事情
いつも僕の布団の中で寝ているのは小梅とムー太ですが、最近寒くなって、ココとキトも中に入るようになりました。僕の左側に4匹。4匹横に並ぶとはみ出すので、誰か1匹はみんなの上に乗って寝ています。そりゃもう温かいです。定員オーバーです。
一昨日の夜中、顔に生暖かい空気が当たって目を覚ますと、僕の顔とほとんどくっつきそうにアビの顔がありました。(^^; その後アビは、4匹の横に掛け布団の上から並んで寝ました。しばらくして、何か寒くて目が覚めました。僕の体が半分 掛け布団からはみ出していました。僕がはみ出したと言うより、アビの重さで掛け布団が引っ張られていたのでした。
毎晩、僕の布団は戦場です。(^^;

その4 最近のジョビン
最近ジョビンは、朝 僕が部屋のブラインドを上げる時にはもう既に窓の前の止まり棒に止まっています。家の中での僕の動きまで察知できるのでしょうか。リビングへ行くと、庭をうろうろしています。
それから、以前は餌皿のミルウォームを食べ終わるとすぐに飛んで行っていましたが、最近は横のモクレンの枝にしばらく止まっています。そして、僕がお代わりを餌皿に入れるのを待っています。食欲旺盛になってきたのかなあ。そう言えば気のせいか、体が少しガッチリしてきたような気もする。

a0190302_181798.jpg
                                                  写真は特に関連はありません。(^^ゞ
[PR]
by keip3987 | 2011-12-11 18:24 | その他

ダイキチくんのオモチャ

庭や表の道路にいたりノンの散歩をしていると、必ず顔を出してくれるダイキチくん。昼間はいつも一人でお留守番みたいです。
彼はオモチャを色々持っています。咥えると、チューとかプーとか鳴るオモチャです。時々それを咥えてフェンスの穴から顔を出し、見せてくれます。
a0190302_2028222.jpg
数日前の夕方、僕がノンと一緒に庭にいた時、ダイキチくんがオモチャを咥えてフェンスの穴から顔を出していて、オモチャを下に落としてしまいました。押さえるとプーと鳴るパンダの人形でした。 “大変だっ!” と思いましたが、ダイキチくんは今度はチューと鳴る赤いボールみたいなオモチャを咥えて顔を出しました。“大丈夫、ほかにもいろいろ持ってるから、それで遊んでもいいよ!” とでも言っているようでした。
そうは言っても、やっぱりないと困るだろうと思い、投げ返してあげることにしました。擁壁の高さが6mですから、フェンスの上までは約8mくらい。 こう見えても、その昔は野球部で、今ではもう脚力は衰えても、投げる方ならまだ少しはいけるだろうと思っていました。ところが、前に投げるのならまだしも、上に向かって投げ、フェンスと家の間の狭い隙間に落とすというのは事のほか難しく、何度も失敗しました。 オモチャが近くまで飛んでくるたびにダイキチくんはそれを目で追ってはしゃいでいました。
7、8回は投げたと思います、ようやく入りました。ダイキチくんも、そのパンダを咥えてはしゃいでいました。 その時、あることを思い出しました。昔、ジェイも音の出るオモチャを持っていました。プーと鳴るブドウでした。ジェイはよくこのブドウを咥えて小梅のところへ行き、小梅の前に置いて、“これ貸してあげるから、一緒に遊ぼ!” と言ってました。
ダイキチくん、そんなことは考えてないよね、これを落とせばあのオジサンが遊んでくれる とか・・・(^^;
a0190302_210133.jpg

[PR]
by keip3987 | 2011-11-02 21:10 | その他